:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:: 久しぶりの日記

今日は某大学の体験入学に行ってきました。
これは自主的に行った訳ではなく、ウチのクラスは全員強制参加のイベントなのです。
1年の時にも行ったし、先月にも行ってきたばかりだ。
はたして同じ大学に3回も行く必要があるのか疑問だ。

それはさておき、いつも通り最初はお偉い先生の講義から始まった。
やはり大学の講義になると、みんな真剣な顔で話を聞こうとする。
実際に理解しようとしているのかは定かではないが、とりあえず聞いているようには見える。

それもそのはず。
これから自分たちが通うことになるかもしれない大学だ。
少しでも良い印象を与えておかなければ、受験に響くかもしれない。
それに何より担任が怖い。

そんな醜い人間の本質のままに行動する皆の頭の中には、
「講義中は真剣に聞かなければいけない」
「絶対に失礼な態度をとってはいけない」という暗黙のルールができていた。

だが、今回は相手が悪かった。
なんと講義をしてくださっている先生は、親父ギャグ好きだったのだ……

講義中、中途半端にくだらないギャグを連発する先生。
おそらく場を和ませようとしているのだろうが、みんなの頭には先ほどのルールが……

ここは笑うべきなのか…
それともこのままスルーすべきか……

気まずい空気の中、僕らの沈黙は続いた。

そして僕らに追い打ちをかけるように、先生がすごい発言をしてしまった。
講義の中で新渡戸稲造の名前が出た。その時だった。

先生「え~、新渡戸稲造。みなさん知ってますよね?






   1000円札の人です」


ん?

さらにその後……
「皆さん、そろそろ肩がほぐれてきていると思いますので、皆さんの肩をほぐしてあげようと思います」


んん!?


これらはギャグのつもりなのか?
それともまじめに間違えたのか?
僕らの沈黙は続いた………



(注)この日記はノンフィクションです
スポンサーサイト

印刷用画面
この記事へのコメント

管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。