:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:: お電話な日記

こんばんは。
「午後の紅茶」はストレートティー派のコロです。


今日の帰り、電車が少し遅れたために駅のホームで待たされることになってしまった。
同じ研究グループの二人と共に大人しく列車を待っていた。
近くには真っ白なコートを羽織った化粧臭いおばさんが一人。

特に話題があるわけでもないので、その場は奇妙な沈黙が支配していた。


すると突然、どこからともなく奇妙な声が……。




『お電話です……お電話です……お電話です……お電話です……お電話です……………』



どうやらおばさんの携帯の着メロらしい。
慌てて携帯を取り出そうとするおばさん。

ところがどこにしまったのか忘れたのか、いつまでたっても携帯は出てこない。


『お電話です……お電話です……お電話です…………」



ようやく携帯を発見したおばさん。

相手は目上の人なのだろうか、敬語で会話をし始める。


おばさん「もしもし…はい、はい。今、~~駅です。はい…
     これから新年会に……
     あ、忘年会に行くところです。」





落ち着けおばさん




電話を終え、別の場所へ移動するおばさん。
その背後では、必死に笑いを堪える僕らがいるのだった。





FC2ブログランキング


スポンサーサイト

印刷用画面
この記事へのコメント

管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。