:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:: 警護官 内田晋三

『踊る大捜査線』のスピンオフドラマ「踊るレジェンドシリーズ」のひとつで、『交渉人 真下正義』のサイドストーリー。
2007年1月27日『トリビアの泉』内にて、トリビアの種「踊る大捜査線の脇役でスピンオフで主役ができる限界は?」の検証VTRとして放送。
過去に室井慎次の部下であった内田晋三(高橋克実)を主人公に制作された、公式のスピンオフ作品。

『交渉人 真下正義』の影で起きていた、もう1つのハプニング。 
警視庁警備部警護課(SP)警護第二係班長の内田晋三警部は、警護対象の大臣を鑑賞予定の「前主十路 指揮 クリスマスに聴くラヴェルのボレロ」コンサートに無事送り届ける為、国会議事堂から会場の新宿シンフォニーホールに急いでいた。
しかし爆弾魔による地下鉄実験車両占拠事件(TTR事件)が発生した為、内田の判断でコンサートの鑑賞をキャンセルし私邸に戻ることになった。
だが、クリスマスに加えて同事件特捜本部地上班の指揮を執るSIT木島丈一郎の指示により新宿向けの車両に対して一斉検問が行われ、それによる大渋滞に大臣の車列が巻き込まれ、身動き不能になってしまう。
ウィキペディアより)

警護官 内田晋三(1

関連番組
踊る大捜査線
踊る大捜査線 THE MOVIE
逃亡者 木島丈一郎
交渉人 真下正義
容疑者 室井慎次
弁護士 灰島秀樹
スポンサーサイト

印刷用画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。