:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:: 生暖かい愛を感じる日記

サブタイトルは「続・素晴らしき仲間たち日記」
タイトルからしてふざけているこの日記。
内容もふざけています。

今日は朝から蒸し暑かった。
この暑さのせいで、まったく絵を描く気になれない。
それはみんな同じだったようで、みんな中央に集めてある机でぐーたらしていた。

やがて、どこからともなく懐かしい音楽が聞こえてくる。
『ラジオ体操第1~ ちゃーちゃらちゃちゃちゃちゃ♪(以下略)』
いったいどこから入手したのだろうか。CさんがMDにこの曲を入れて持ってきた。
個人的に欲しかったりする
そしてみんなが音楽に合わせて体操を始める。
そんな様子を僕は部室の隅で見て思った。
『ああ、みんな暑さで頭が……』

そんなことをしてる内にランチタイム。
zzsが持ってきたのは昨日に引き続き、「鳥のエサ」だった。
(注:昨日の日記にも書いたが、カステラのカケラが鳥のエサに見えるだけである。本当に鳥のエサを持ってきたわけではない)

それをスプーンで黙々と食べるzzs。
やがて何を思ったのか、突然「鳥のエサ」をおにぎりのように握り始めた。

続けて、隣にいたエース先輩がそれを握る。
先輩曰く、愛をこめて握っているらしい。
さらにそれは向かいの席にいた人へ。また愛が注がれる。
さらに隣の人へ。愛が溢れていく。
さらに…(以下略)

最終的にその場にいた全部員が「おにぎり」を握った。
みんなの愛に溢れた「おにぎり」はしっかりと固められ、みんなの手の温もりによって生暖かくなっていた。
材料がカステラなので、表面は黄色。所々が茶色。
それはコンビニで売られている
 「オムライスおにぎり」
      にそっくりだった。マジで

zzsは「おにぎり」をゆっくりと口に運ぶ。
「どんなリアクションをするのかなぁ」とニヤつく部員たちが凝視する中、zzsが「おにぎり」を一口食べた。

……………………(特にリアクション無し)

その後も彼は、みんなの愛が詰まった「おにぎり」を黙々と食べ続けるのだった。
ちなみに、「おにぎり」の原料はカステラなので、食べ続けるとかなりのどが乾く。
だが、当時彼の手元にあった飲み物はヨーグルトっぽい飲み物ただ1つだった。
彼はポツリと呟いた。
「水分足りねぇ」

繰り返す。当時はかなり蒸し暑く、彼の手元には「飲むヨーグルト」のような飲み物しかなかった。
スポンサーサイト

印刷用画面
この記事へのコメント

管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。